Story -vol.1-

その出会いは突然やってきた。
フランスのとある蚤の市を回っていたときのこと。沢山のアンティーク雑貨に囲まれた一角に、色とりどりに煌くアクセサリーを見つけた。

そのレトロなデザインと美しい質感に思わず見入っていると、店のおばちゃんがそれはチェコのボタンなんだよと教えてくれた。

チェコにこんな素敵なボタンがあるなんて! 胸が高鳴るのを感じながら、夢中で調べた。

チェコのボヘミアガラスはヴェネチアンガラスと並んで有名だ。

多くの人が思い浮かべるのは、その高い透明度と繊細な彫刻で魅了する花瓶やグラスなどの工芸品かもしれない。

でももっと身近なガラスビーズやガラスボタンも豊富で、また違った魅力がある。

ボヘミアガラスの工房の多くはチェコ北部にある。
その中でもガラスボタンを探すならこの町、『ヤブロネツ・ナド・ニソウ』だ。

ちょっと名前が覚えづらいが、とにかく行こう、ヤブロネツへ!


チェコへ降り立ったのは寒さの厳しい2月だった。
プラハからバスに乗り、1時間ほどでヤブロネツに到着。そこは小さな町で、プラハから来ると田舎に来たなと感じる。

どんよりとした空、突き刺さる寒さとは反対に、心の中は熱く高揚していた。

この町にはビーズショップが数多く点在する。その圧倒的な量、種類の豊富さには驚いた。

そしてお目当てのガラスボタン工房へ。

案内してくれたのは70歳過ぎのオーナー。実際に作っている様子も見せてくれた。

がしかし、夢中になりすぎて肝心の作っている写真を撮り忘れるという大失態…。

なのでHPからいただいた写真でご紹介しよう。

ガラス棒を溶かし、ひとつひとつ型を取っていく。
型を抜いたら周囲の余分な所を削り、綺麗に整える。

この透明なボタンに今度は絵付けをしていく。

デザインは本当にさまざま。
ガラス自体に色があるものもあれば、裏面を着色することによってガラス越しに色が透けるものもある。
オーロラのように見る角度で色が変化する着色もあり、いくら見ていても飽きない。

各工程で担当が分かれていて、それぞれが熟練の技を持っている。 それが結集してこの美しいボタンが完成するのだ。

今ではどの担当もみんなご高齢の方なんだとか。
案内してくれたオーナーは「老人の趣味でやってるんだよ」と笑う。

どんな素晴らしい伝統も技術も、後継ぎがいなければそこで途絶えてしまう。
私たちに何が出来るかわからないが、まずはたくさんの人に魅力を知ってもらうこと、それが少しでも伝統が続いていく力になればと思った。

そんな気持ちも抱きつつ、数あるデザインの中から選んでオーダー。

そして、チェコにもっと長くいたい気持ちを抑えつつ日本へ。
さっそくアクセサリーパーツを手配した。

チェコのガラスボタンにリングやピアスのパーツを付けてアクセサリーにする。
そうして、もっと気軽に、もっと自由にガラスボタンを身に纏って欲しいと思った。

手作りだからひとつひとつ微妙に違う。
ハンドメイドの温もり、レトロなデザイン、ガラスならではの透明感を味わってほしい。

また、蚤の市で自分だけの特別なアンティークアクセサリーに出会った時のような、そんなときめきやワクワクもお届けできれば嬉しい。

  
チェコガラスリング(M)
¥990税込
残り僅か
チェコガラスリング(M)
¥990税込
残り僅か
チェコガラスリング(M)
¥990税込
残り僅か
チェコガラスリング(M)
¥990税込
残り僅か
チェコガラスリング(M)
¥990税込
残り僅か
チェコガラスリング(M)
¥990税込
残り僅か

ご利用ガイドはこちら